今や結婚式は多様なスタイルがあり、お二人が満足できる形が最も良いです

どんな形にするか話し合いましょう

結婚式というと両親はもちろん、家族や親族、そして職場の方や友人関係などたくさんの招待客の中で行われることが多くの結婚式のパターンでした。しかし、その結婚式での費用もかなりかかりますので、今では希望を小さくして両親と親族だけのものや、思い切って新婚旅行を兼ねて海外ウェディングという形もあります。一見、高そうですが、招待客がいない分気を使わない良さがあります。また、写真だけでの結婚式でウェディングを着るという方法もあります。お二人でどんな結婚式にするか話し合いましょう。

費用はどれぐらいかけられるかをよく考えましょう

結婚式にお二人で費用にどれぐらいお金をかけられるのかをよく考えましょう。一番大切なのは、結婚式ではなく、結婚生活です。派手な結婚式をしたいと借金をしてまで、大きな結婚式はすべきではありません。いきなり、借金を背負っての新婚生活は、けんかの原因を作るようなもので、身の丈に合った結婚式のプランを選択した方がベターです。多様な結婚式の在り方が存在する今ですから、それはお二人の経済状況に合わせれば良いでしょう。

結婚に関わってお祝をくれた人にはお返しを

最近の若い人は、ついついお祝いをもらいっぱなしになってしまいます。親戚でも友達でも、結婚したなら何かしらお祝いをもらうものです。結婚式場でもらい、仮に、お礼を言ったとしても、後日、お返しの気持ちを込めて、新住所を書いたハガキを送り、それに「いただいたカップを二人で使っています」と書いておくと、お祝いをあげた方への気持ちも通じて良いものです。また、仮に使っていなくても良いものをいただいたと書くのは礼儀です。両親には何かとこれからもお世話になるので二人揃ってあいさつとお礼に行きましょう。気軽に行ったり来たるする関係ができれば結婚生活はかなりうまくいったと同じことになります。

名古屋は公共交通機関が充実している事もあり、会場となる結婚式場には行きやすい環境が整っているというメリットがあります。一方で、名古屋の結婚式場のデメリットは、特に見受けられないと言えます。